現在位置:

博多小学校の系譜

博多小学校の系譜

博多小学校は、冷泉(れいぜん)・奈良屋・御供所(ごくしょ)・大浜の4つの小学校を統合して平成10年4月に開校しました。  当初は旧冷泉小学校の校舎・校地をそのまま利用し、この地(現:冷泉校舎)で開校しましたが、平成13年4月に旧奈良屋小学校の校舎・校地を全面改装して新築竣工した現在の新校舎へ移転しています。新校舎にはメモリアルホールとして4つの小学校の記憶を残すコーナーを特別に設けています。

博多部の小学校の系譜

PAGE TOP

博多部の小学校の系譜・ご案内

PAGE TOP

ぎょうのちょうしょうがっこう
行町小学校
明治6年、行町(ぎょうのちょう)に開校
教員2名、生徒男子112名、女子22名、計134名

そでのみなとしょうがっこう
袖港小学校
明治6年?、倉所町(くらしょまち)に開校

うみはましょうがっこう
瀛浜小学校
明治6年、市小路浜(いちしょうじはま)に開校
教員2名、生徒男子156名、女子31名、計187名
「市小路浜南校」と呼称

おやましょうがっこう
小山小学校
明治6年10月、東長寺境内に開校
教員3名、生徒男子229名、女子31名、計260名
上新川端小学校と合わせて「冷泉小学」と呼んだ

かみしんかわばたしょうがっこう
上新川端小学校
明治7年、大乗寺境内に開校
教員3名、生徒男子171名、女子49名、計220名
小山小学校と合わせて「冷泉小学」と呼んだ

みょうらくじ(じんじょう)しょうがっこう
妙楽寺(尋常)小学校
明治7年、「行町小学校」と「袖港小学校」を合併し 
妙楽寺町に簡易科の小学校として開校
教員2名、生徒男子112名、女子22名、計134名
遅くとも明治23年には「妙楽寺尋常小学校」となっており
このとき、生徒男子0名、女子206名、日々出席平均183.0名となっている(福岡市史)

ごふくしょうがっこう
五福小学校
明治8年8月、博多三商傑の大賀屋敷跡(現、呉服町ビジネスセンタービル付近)の上呉服町に開校
女子のみのいわゆる裁縫学校、「ごふく」は「五福」と表記した

かみおやましょうがっこう
上小山小学校
明治11年10月、東長寺の境内に新築開設
従来通り「冷泉小学」と呼んだが、
「覇台南校(はだいなんこう)」とも呼ぶ
明治21年、「上呉服小学校」へ合併となるが、
即時に廃校にならず「上小山尋常小学校簡易科」(3年)として存続した
その後は、私立「洪済小学校」へ翌年移行したか、
遅くとも明治25年3月簡易科の制度廃止で閉鎖したと思われる

なかいちしょうじ(じんじょう)しょうがっこう
中市小路(尋常)小学校
明治12年、瀛浜小学校が中市小路の豪商末次宗得屋敷跡に移転、改称して開校
但し、開校時の正式名称は「中市小路小学校」なのか確証がない
奈良屋小学校学校要覧(昭和34年)では、「明治12年、覇臺北校と名称を変えて現本校敷地市小路側に設立され、明治24・5年頃、中市小路小学校(1~4年、男子のみ収容)と改称された。」となっている
「覇臺北校(はだいきたこう)」は明治11年に開校した岡部の上小山小学校が「覇臺南校(はだいなんこう)」と呼称され、対にして称された
福岡市史によると明治23年には、名称は「中市小路尋常小学校」となっており
このとき、生徒男子312名、女子0名、日々出席平均274.0名となっている
明治33年、修業年限2年の「中市小路尋常高等小学校」を併設した

かみごふくしょうがっこう
上呉服小学校
明治17年、「五福小学校」を大きく拡張し
一般の小学校として開校、引き続き 「ごふく(呉服)小学校」と呼んだ

だいじょうじじんじょうしょうがっこう
大乗寺尋常小学校
明治20年頃、大乗寺前町に存在。西町尋常小学校と同じく上呉服小学校拡張時期のいわば分校程度の規模で、簡易科よりも更に小規模の予備的な存在だったと考えられている

にしまちじんじょうしょうがっこう
西町尋常小学校
明治20年頃、竹若町(竹若番)に存在。 大乗寺尋常小学校と同じく上呉服小学校拡張時期のいわば分校程度の規模で、簡易科よりも更に小規模の予備的な存在だったと考えられている

かみごふくじんじょうしょうがっこう
上呉服尋常小学校
明治21年、「上呉服小学校」を年々拡張し、「上小山小学校」を吸収して
明治19年の小学校令を受け尋常小学校(4年)として開校
なおも「呉服小学校」と呼んだ
明治33年、男子と女子2校分立の尋常小学校へ改称
明治38年から41年まで、修業年限2年の「上呉服男子尋常高等小学校」を併設した

私立洪済小学校
明治22年10月、上小山町に堀田定音が開設した私立の簡易科小学校
「上小山尋常小学校簡易科」が明治21年に開設されているが
閉校がいつかわからないことと、同校と同じ町内であることから、
校舎ごと継承したか、もしくは、同校に併設されていたことも想像される
明治25年3月の簡易科廃止で廃校になった(読みは不明)

みょうらくじ(じんじょう)しょうがっこう
妙楽寺(尋常)小学校
明治7年、「行町小学校」と「袖港小学校」を合併し 
妙楽寺町に簡易科の小学校として開校
教員2名、生徒男子112名、女子22名、計134名
遅くとも明治23年には「妙楽寺尋常小学校」となっており
このとき、生徒男子0名、女子206名、日々出席平均183.0名となっている(福岡市史)

奈良屋(尋常)小学校 / ならや(じんじょう)しょうがっこう

PAGE TOP

ならや(じんじょう)しょうがっこう
奈良屋(尋常)小学校

明治31年、「中市小路尋常小学校」裏、博多三商傑の神屋宗湛屋敷跡(現博多小学校校地)に開校
当初は女子のみ収容
「中市小路尋常小学校」とは柿の木1本で校庭が分けられていた
その後、明治43年、男子収容の「中市小路尋常小学校」は校舎老朽化で移転新築が企図され、併せて浜部の校区再編が行われた
明治44年、「大浜尋常小学校」の新設とともに、男女共学の小学校として再スタートとなる (浜部2校の確立)
大正年間には校区内にある相生券番の芸者置屋の少女を対象に、午後から夜間の「二部」が設置され、その後、中洲券番や水茶屋券番からも通学があった
昭和16年4月の国民学校へ改称
昭和20年6月19日福岡大空襲により奈良屋校区は4軒を残して全焼、その1つはコンクリート造りの奈良屋小学校校舎だった

(被災した奈良屋国民学校校舎、工作室の扉付近。平和を祈念し戦争の記憶をとどめるため昭和62年8月、奈良屋小学校創立90周年記念事業で「平和記念室」として整備されたものをメモリアルホールに移築し残しました。)
昭和22年4月、「奈良屋小学校」と改称
平成10年3月閉校。児童数230名


御供所(尋常)小学校 / ごくしょ(じんじょう)しょうがっこう

PAGE TOP

ごくしょ(じんじょう)しょうがっこう
御供所(尋常)小学校

明治41年9月、聖福寺内に「上呉服小学校」から分かれて、尋常小学校として開校
昭和16年4月、「御供所国民学校」と改称
昭和22年4月、「御供所小学校」と改称
平成10年3月閉校。児童数66名


冷泉(尋常)小学校 / れいぜん(じんじょう)しょうがっこう

PAGE TOP

れいぜん(じんじょう)しょうがっこう
冷泉(尋常)小学校

大正10年10月に転出した上呉服町時代の呼称「呉服尋常小学校」を取りやめ、翌11月に改称した
職員31名、生徒1,730名
その後、昭和16年4月の国民学校改称を経て昭和22年4月、「冷泉小学校」と改称


大浜(尋常)小学校 / おおはま(じんじょう)しょうがっこう

PAGE TOP

おおはま(じんじょう)しょうがっこう
大浜(尋常)小学校

明治43年、中市小路小学校は校舎腐朽で危険な状況となり校区再編と併せて大浜1丁目に移転、
翌明治44年11月、「大浜尋常小学校」として開校
その後、昭和16年4月の国民学校改称を経て昭和22年4月、「大浜小学校」と改称
昭和33年3月、柳町の博多第一中学校跡地に校地を移転
平成10年3月閉校。児童数106名



補足

PAGE TOP


*「袖港(そでのみなと)小学校」
12世紀に博多を支配した平清盛が南宋との貿易のため築いた人工港は、袖湊・袖港(そでのみなと)と呼ばれ、博多は有数の国際港として繁栄した。それに因み名付けられた。

*「瀛浜(うみはま)小学校」
「瀛」は見かけない難しい漢字であるが、「瀛州(えいしゅう)」から採られたと思われる。瀛州は古い中国の神仙思想で説かれる想像上の三つの仙山(蓬莱・方丈・瀛州)のひとつで、中国東方の渤海の中にある島で諸々の仙人と不死の薬のあるところとされてきた(博多松囃子、恵比須流の「言立て」の中にも目出たい場所として歌詞に含まれている)。すなわち、博多は「瀛州の海の浜」であるという意図のもと「瀛浜小学校」と名付けられたのではないだろうか。なお、幕末期には馬関戦争・薩英戦争の後、福岡藩は外国勢力から自国海域を守るため外国から蒸気船を買い揃えたが、その一隻が明治期の福岡藩贋札事件で有名になる「環瀛丸(かんえいまる)」であり、やはり難しい「瀛」の字が使われている。当時は特に奇異な漢字ではなかったのだろう。

*「覇台(はだい)」
中世以前、国外の文書では博多を「覇家臺(台)」「八角島」「華(花)旭塔」など当て字の表記していたが、その覇家臺(台)から取材し、転じて、岡部の覇臺南校(はだいなんこう)、浜部の覇臺北校(はだいきたこう)と並び称した。


*「博多小学校」の名称
平成9年8月の校名決定に至るまで、博多小学校の名称以外に「博多中央小学校」「博多第一小学校」「福岡小学校」「ぎんなん小学校」「博多の町小学校」「供屋大泉
(ともやだいせん)小学校」など、検討で挙げられた。

トップページ


PAGE TOP